STORY

STORY 08「答えを探して」

とある日のランチタイム。
学園のテラスで昼食をとっていたヴァリアントの少女たちは、つむぎと奏の提案で今度の休日に『外出』をすることとなる。

魔法の世界に飛び込んでから初めての『外出』は、浮かない顔をしていた少女たちの気分転換になるだろう、という理由からだった。
生憎と、学園長代理を務めているつむぎだけは業務があるため不参加になってしまった。

近くにあるアウトレットモールに足を運び、思い思いの時を過ごす。
久しぶりのショッピングに気持ちが昂ぶる統に振り回されながらも、楽しそうに笑う皐月の表情にはどこか影があった。

そんな二人の元に、困ったような面持ちの奏が駆け寄ってくる。
何事からと思う二人に、奏はある相談を持ちかけるのだった。

時を同じくして、普段は絶対に人を頼らない律がミズハにしたお願い。
ショッピングモールから少し離れた場所にある洋館に一緒に来て欲しいとのことなのだが……。